2007年度・2008年度・2009年度・2010年度・2011年度・2012年度・2013年度・2014・2015・2016・2017年度のトピックスはこちら




2018.4.1
2018年度 始動!!
年度が代わって、4月最初の練習日。全体朝礼後、6年生だけが着られる白ユニと背番号の授与式。青ユニの背番号はレッドサンズに入団した順番に付けられますが、白ユニの背番号は与えられた背番号です。しっかりと受け止めて1年間頑張りましょう!



2018.4.8
第20回 春季オレンジボール大会
若獅子杯争奪第20回春季オレンジボール大会(文京区少年軟式野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)は4月6日、後楽公園少年野球場で準決勝が行われ、レッドサンズは宿敵茗荷谷クラブに惜しくも5対11で敗れ第3位となった。東京都内と川崎市から予選を勝ち上がってきた44チームが参加した大会で、第3位は立派な成績でしたが選手たちに笑顔はありませんでした。これから1年間低学年のAチームとして、このクラスで優勝できるよう頑張ってください。



2017.4.8-9
2018年度 春合宿 第一弾


2018年4月8日・9日、6年生チームが単独で合宿を行いました。2年前から始めたこの行事は、一番大事な春の大会を真近に控えた強化合宿です。

1日目
午前はグランド練習、午後はマシン相手にひたすらひたすら打ち込み。
夜は普段なかなかできない野球頭の強化練習。

2日目
茨城県へ遠征しての強化試合。1試合目は宇都宮市の豊郷中央クラブさん。投手が好投し相手投手を打ち崩し7対0で完封勝ち。
2試合目は昨年の新人戦関東チャンピオンの茎崎ファイターズさん。
さすがのオーラを感じながらも初回のピンチを最小失点で切り抜け、その後はバッティングに特化した練習の成果が発揮され、ベンチ同士の駆け引き合戦もうまく決まり見事6対3で勝利。

大会直前に素晴らしいチームと対戦でき、新人戦以降自分たちのやってきたことは間違っていなかったという自信をもって春季大会に臨めそうです。やるべきことはやり切りました。いざ勝負!!



2018.5.5
第43回 文京区少年軟式野球春季大会
第43回、文京区少年軟式野球春季大会は3、5日区内の六義後援運動場で各部の決勝戦が行われた。
学童の部、同低学年の部ともにレッドサンズAがダブル優勝した。

学童の部の6年生は5月末から府中市で開催される全日本学童都大会への出場権を獲得、同低学年の部の4年生は、7月から杉並区で開催されるミサワホームJr選手権大会への出場権を獲得した。

3年ぶりに春季大会ダブル優勝を成し遂げることができました今大会悔しい思いをして既に夏に向けての練習を開始している5年生、3年生チームも、今日は6年生、4年生のために力の限りの応援をしてくれました。勝つことが全てではないけど、勝たないと見えない景色があります

総勢80人の大祝勝会で食べた焼肉はいつも以上に格別でした!次は上部大会で思う存分野球を楽しんでください!




2019.6.30
第21回 台東・中央・文京 三区親善トーナメント大会
第21回 台東・中央・文京、三区親善トーナメント大会、低学年の部の決勝戦が30日、中央区の月島運動場で行われ、レッドサンズが中央フェニックス(中央区)を11対4で下し優勝した。

3年生は初めての上部大会ということで少し緊張気味ながらも攻撃ではそれぞれ練習の成果をみせることができたと思います。
出場した2年生には少し荷が重い大会だったと思いますが2年生で上部大会のメダルを獲得できた経験はとても大きいものだったと思います。

大会を運営していただいた中央区、台東区、文京区の役員の皆様、ありがとうございました。




2018.5.26
高円宮賜杯
第38回全日本学童軟式野球大会 マクドナルド・トーナメント東京都大会
 
   
高円宮賜杯
第38回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント東京都大会開会式

ほとんどの学校が運動会の為、夕方4時からの開会式でした。
6年生を中心とする都大会メンバーは夕方からの開会式に参加しました。今年から父兄も行進OK!だったものの今年の父兄は「選手が主役」ということで選手のみの堂々とした行進となりました。

いよいよ明日から熱い試合が始まります




2018.7.1
第43回 文京区少年軟式野球夏季大会
6年生 優勝  5年生 第3位  4年生 準優勝 
第43回、文京区少年軟式野球夏季大会は、1日区内の六義後援運動場で各部の決勝戦が行われた。
学童の部ではレッドサンズAが春季大会に続き連続優勝した。またレッドサンズBも6年生チーム相手に2勝し3位入賞した。
同低学年の部ではレッドサンズAは惜しくも準優勝となった。

学童の部の6年生と低学年の部の4年生は、11月から大田スタジアム他で行われる「東京23区大会」の出場権を獲得、高学年の部の5年生は、11月から台東区で開催される台東都知事杯への出場権を獲得した。   



2018.8.5
第29回 駒込地区夏季少年野球大会

【6年生 5年生】

高学年の部 準決勝
レッドサンズ 2-1 茗荷谷クラブ

高学年の部 準決勝
レッドサンズ 1-1(TB2-5) 菊坂ファイヤーズ
準優勝!

【4年生】

低学年の部 準決勝
レッドサンズ 2-0 リトルモンキーズ

低学年の部 決勝
レッドサンズ 4-1 西千タイガース
優勝!




2018.8.13-14
5年生 4年生 夏季合宿  

両学年とも負けられない秋季大会新人戦を控えた強化合宿。
7時に集合して即移動 8時から練習開始。

全体でアップ後、内野・外野に分かれて練習。内野ノックは全ポジションが足を止めず「次の動き」を意識してグランドを走り続けます。
4年は最初こそ動きに付いていけずスピード感のない練習でしたが徐々にスピードが増して全体的に緊張感のあるいい練習ができました。外野は左右の動きと前後の動きを意識したフライ練習をタップリ。昼食前の全体ノックではいつもより広くなった守備範囲を披露してくれました。

昼食は父母会提供の特製ホットドックプレート!熱々のホットドッグに冷製スープの組み合わせは最高!美味しくいただきました

午後は学年ごとにバッティング練習。5年はマシーン相手にひたすらバットを振り続け、4年はシートバッティング。猛暑の中の練習で選手・コーチ フラフラになったところで(恵みの?)雨。テント下でおやつのスイカを食べ終わったところで今日の練習は終了の判断。

宿舎に移動して入浴の後は恒例の『おかわり自由!! カレーライス フードファイト!』今年は4年生の圧勝です、5年生頑張れ!
夕食後 学年に分かれてミーティング(内容は極秘)。さすがに疲れたのか消灯後は全員深い眠りに。コーチ陣のミーティングは深夜まで続きました。

  




第42回 文京区少年軟式野球連盟 秋季大会新人戦
第42回文京区少年軟式野球秋季大会新人戦(同区少年軟式野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞など後援)が9月2日、区内の六義公園運動場で行われ、学童の部ではレッドサンズが準優勝、学童低学年の部ではレッドサンズが優勝を果たした。
5年生は惜しくも準優勝でしたが、まだスタートラインに着いたばかりのチームです。これから春に向けてどこまでチーム力を上げていくかが勝負です。



2018.9.15-16
 3年生 2年生 秋季合宿   

暑い夏場を避け、3年生がメインとなる大会を見据えての合宿。3年生に加え今年はやる気満々の2年生も全員参加で初めて合宿を実施しました。朝からあいにくの雨のため、午前は室内練習場でバッティング中心の練習、午後はしっかり勉強しようと学年ごとに座学。3年生の野球は技術半分頭半分です(もしかしたらもっと頭かもしれません)。この勉強の成果が試合で生かされる・・・はず。2年生もよく頑張りました。

合宿2日目、上の学年同様、朝の散歩→ラジオ体操で2日目スタート。今日は天気も良く丸一日グランドでしっかり練習することができました。2年生も全員参加という初めての試みでしたが無事2日間のメニューを消化することができました。 お父さんお母さんサポートありがとうございました。  




2018.10.20
2018年度 荒川竹の子交流大会
 

荒川竹の子育成大会 1回戦、レッドサンズ 13-5 荒川コンドル、勝利
2回戦、レッドサンズ 5-6 有馬スワローズ、2回戦敗退。
3年生は今年1番の目標としている大会の初戦勝利したものの、残念ながら2回戦で敗退。124チームものチームが参加した大きな大会で、上位の成績を収められず残念。この悔しさを力に変えられるか・・・頑張ってください。




2018.11.3
東京都知事杯 第1回東京都軟式野球 マクドナルド・ジュニアチャンピオンシップ  

低学年で『東京チャンピオン』を決める初めての大会となります。
地区予選を勝ち抜いてきた46チームが一同に会し盛大に開会式が行われました。噂に聞いていたあのチームや初めて見る凄そうな選手に混じりじゃれ合っているいるうちの選手たちの可愛いこと…
しかし開会式後の余韻もないまま直後の第一試合 お相手はお互い良く知っているカバラホークスさん。いままで先輩たちが数多の激戦を繰り返した友好チームですが残寝ながら初戦敗退。反省点はいくらでもありますが、ハッキリしたのは練習の序盤からしっかりしと準備をすることです。

 



2018.11.3
東京ヤクルトスワローズカップ争奪 第35回 東京23区少年軟式野球大会    


1回戦、対越中島ブレーブス
序盤先制するも中盤は我慢比べ。4回制球の乱れた相手投手から押し出しで欲しかった追加点を奪うとしばらく大人しくしていた主砲に場外へ飛び出す特大の満塁ホームランでビッグイニング。抑えればコールド勝ちの5回裏、やはり簡単には勝たせてもらえず1死から長短打を浴び4失点。勝つことはできたものの最後までしっかりやり切る重要性を再認識させられた初戦でした。

2回戦、対カバラホークス
最後の上部大会2回戦の相手は低学年時代からお世話になっているカバラホークスさん。ずっと目標にしていたチーム相手にここまで追い詰めていただけに何とか勝たせてあげたかったのですが…負けてしまったのは残念ですが、最後の大会でカバラホークスさんと試合ができて良かったです。

これで受験に専念する選手 上を目指して野球を更に頑張る選手様々ですが、全員しっかり目標をもって3月の卒団まで自分を高めていってほしいと思います。




2018.11.18
第23回 都知事杯争奪少年野球大会(台東都知事杯)...

朝の開会式では当たり前ですが、自分たちより大きい選手ばかり
ここで燃えるか?心が折れるか?が試されます。

1回戦、鎌倉ビクトリー  9対4で勝利
序盤のピンチを牽制刺で凌ぐと、2回先頭打者が2塁打で出塁すると手堅い野球で先制。2回3回に1点ずつ取られ劣勢になりますが、ここで守備陣が我慢して5回までゼロ行進。そろそろ手を打たなくてはいけない6回、先頭打者が長打で出塁すると、ここから打線が繋がりビッグイニングにすると、最終回にもダメ押しの追加点を挙げて見事初戦突破です。

2回戦、荏原イーグルス  3対3からのタイブレーク、0対5 3対8で敗戦
相手投手は高身長から110キロを超える速球を投げ込む好投手。なんとか守ってワンチャンスをものにしたいところでしたが、初回いきなりの2失点。5回にも追加点を奪われ苦しい展開も裏に1点返し、6回ついに同点に追いつき一気に勝ち越したいところでしたが…残念ながら同点止まりで特別方式の延長戦へ。好投してきた投手陣 ここで力尽き2本の本塁打を浴びここまで。チャンスであと1本!がどうしても出なかった試合、悔しい敗戦ですがこの大会で「やろう」としてきたことはできたと思います。




2018.12.24
2018年度 親子スポーツ大会

昨年に引き続き「親子スポーツ大会」を六義園で実施することができました。

まずは恒例の体験練習会。
毎回数人の未就学児童含めて10人程度が参加してくれるのですが、今回は全部で40人を超える参加者!
手の空いているコーチ総動員で野球に触れてもらいました。
体験会のあとは名物豚汁うどんをお腹いっぱい食べてもらいました。参加してくれた皆さんありがとうございました。

親子対決は各学年ごとに怪我もなく楽しく行われました。



2018.12.31
大晦日 OBのための練習会  
毎年恒例の大晦日OBのための野球練習会。今年もたくさん集まりました。高校球児はこの日しかオフがありません。
硬いボールで練習してからの紅白戦。今年は社会人チームの勝利でした。中高生の皆さん、来年は頑張りましょう!
皆さん、良いお年をお迎えください。  



2019.3.10
第19回 ナガセケンコー杯 スプリング親善野球大会 優勝!  
第19回ナガセケンコー杯スプリング親善野球大会(大田区城南少年野球連盟主管、東京中日スポーツなど後援)は3月10日、同区の多摩川緑地野球場で決勝など3試合が行われ、レッドサンズ(文京区)が不動パイレーツ(目黒区)を破り初優勝した。久我山イーグルス(杉並区)と金町ジャイアンツ(葛飾区)が3位だった。
準々決勝では優勝候補の一角、山野レッドイーグルス(世田谷区)との接戦を制すと、この日の準決勝では昨年覇者の金町ジャイアンツを破り決勝に進出した。
準優勝4回、3位が3回4と上位進出を果たしてきたが、あと一歩で優勝を逃してきたレッドサンズが、昨年秋の新人戦関東王者の不動パイレーツを破り初優勝を飾った。



2018.3.17
第39回 文京区少年軟式野球 春季さよなら大会 優勝!  
 
いよいよ学童野球最後の試合。最後の記念大会にするのか?本気で勝ちに行って優勝を目指すのか?
考え方はいろいろあると思いますが、受験組復帰後みんなで勝って8連覇を達成しよう!と本気で練習を再開し、合宿でチームを作り直し、無理を言って練習試合を行っていただき、濃い1か月半を過ごした結果、8連覇という偉業を成し遂げた選手、監督、コーチ、そしてご父兄の皆さま心からおめでとうと言いたいです。
2週間後の卒団式では、今年も最高の選手たちを送り出せそうです。  



2018.3.31
2018年度 6年生を送る会
平成31年3月31日(日)、文京区立林町小学校体育館にて、6年生を送る会が開催され、第42期生12名がREDSUNSを巣立っていきました。送る会は文京区議会議員様も参列され、厳粛かつ盛大に執り行われました。
最大の目標である全国大会出場は惜しくも逃したものの、受験に挑む選手たちもしっかり夏まで野球をやりきることができました。これは君たちの努力と情熱を持って指導してきた監督・コーチたち、保護者の皆様のご理解があってのことと思います。6年生の皆さん、ご卒団おめでとうございます。保護者の皆様、今までご協力を賜り本当にありがとうございました。

送る会が終了した後は、残った現役選手の保護者会、夜は謝恩会という運びとなりました。  
平成31年3月31日(日)、午後5時30分~午後8時、オリエントカフェ(東洋文庫内)にて、6年生選手、保護者、代表、副代表、各学年監督、コーチ、区議会議員など総勢約50名が集まり、美味しい料理に舌鼓しながら思い出話に花が咲きました。低学年のころからの写真やDVDなどを鑑賞しながら、最後の夜は更けていきました。




                                





行事あれこれ